So-net無料ブログ作成
検索選択

『 世界はあなたの色になる 』 [music / B'z]



新曲

世界はあなたの色になる 』 聞き込んでいます。

なんだけど、凄い ハマる という程では、まだ ないかも。


やや重めの サウンドに、歪みのある ギターの音色、後方で 際立つ
シリアスな 雰囲気の、ストリングスの音色。


松本さんは、ストリングス の挿入が、得意なのだろうな。


私は、言葉(歌詞)の最後から、曲の終わりにかけての、それこそ
複雑に 絡み合うように、何かが 崩壊するような、音の編成が 好み。


アルバム 『 Brotherhood 』収録曲に 多いかんじで、" ながい愛 "
や " SKIN " 系統なので、久しぶりで なつかしい印象。



会報に、歌詞についての 話しがあり、そこから 一部 抜粋。

------------------------------------------------------------------------------------

詞自体は 基本的に 前向きなんだけど、結局、自分がつけようと
している色に、見るものも 変わっていくという

だから そういう意味では、いいことだけじゃなくて、悪い方にも
転がる 可能性がありますよっていう 意味もあるんだけど。

それはだから、あなたがしっかりしないと、ということを
書いた時には いいたかったんじゃんないかな

------------------------------------------------------------------------------------

あなたがしっかりしないと… この言葉が、なぜか 印象深くて。


インタビューの返答を 読んで、色眼鏡、という 言葉が浮かんだ。

色眼鏡【 偏った物の見方。先入観にとらわれた物の見方 】

良い風に 感じられれば、鮮やかで 瑞々しい色に 輝くだろうし
色眼鏡で ものを見れば、毒々しく くすんだ色に 覆われてしまう…


(ごく狭い エリアであれ)世界の配色は、自分の 捉え方 次第で
どうにでも 変化してしまう

感覚的には 当たり前の現象として、無意識に 理解していたけれど
曲を 通じて、改めて 考えた。


人の感情って、本来 脆いものなんだろうと、時々 思う。
ふらふらと 定まりづらいというのか…いや、それ 私だけか(笑。

" 生まれた感情は 波を作り出す " 巧い表現だと 思う。


怒りや 哀しみでも、" 無 " よりは ましかもしれないと、心の 凪
状態で 心が動かないよりも、それは いいのかもしれない…と
何だか 想像してしまった。


The Spiral 』の、言葉

" 気持ち ひとつで 昨日まで 輝くかも "

曖昧で、明暗の感覚が 表裏一体なところが、『 世界は~ 』と
同じような ものを、感じるな (--)



世界は、あなたの色になる。


曲の題を 見た時の、第一印象は、言葉だけ 捉えれば、前向きに
素敵に、世界が 煌めくように 変化する様を、表現しているのかと
イメージ した。

でも、そんな 単純なこと ではなくて(ノД`) 曲調からも、それは
物語っている。でも 稲葉さんは、芯を しっかりもって! と 伝えて
いるのだろうと、私は そう捉えた。


時に 優しく 時に 残酷なまでに

この、" 時に " という 言い回しが、とても 新鮮に 感じたのだが
(B'z & ソロ)過去の曲 にあったかな? あまり なかったような
気がしたもので…

他の人の 歌では、かなり よく見るけど



昨日 流していて、冒頭の言葉に、何か グサッときた。

とうに諦めたのかい 孤独な旅にでるのは

いつか話していただろう なにも責めているわけじゃない


歌詞を じっくり眺めていたら、わりと ぞわぞわする 内容[ふらふら]

諦めたのかい? と 問われると

言葉が で、でない…。





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。