So-net無料ブログ作成
検索選択

Mr.S と シャレオツ [LIVE DVD / Smap]




" 性悪で センチメンタルな スマイル "

とは、どんな笑顔なのか、想像してみる…

未だに よく分からないが、きっと魅力的って事だろう。



当時、ドラマ『 独身貴族 』はみていなかったが、主題歌の
シャレオツは 凄く好きで、いや 今も、かなり好きな1曲。


Mr.S LIVE映像の 3曲目にもある。

それぞれに、女性ダンサーが1人付き、コンビで踊っている。


その時の草彅さん。ダンサーさんの髪を 撫でるような、手の
仕草と、見下ろすように 流すような目の動きと、あの横顔!

それが もういいんだな (=゚ω゚) 流し目? えっ 違う?


Mr.SのMVと、LIVE OPの話しをしたい。


あれを見ていると、他のメンバーの中で(その 設定がある
のかどうかは、さておき)役に 一番入っているのは、やはり
草彅さんかと。

目の表情なのか? この人が 映ると、画面に惹き込まれる。

(ゴローさんも、役に入っている感じは、ありますけれど)

他のメンバーが映ると、" そのままご本人 " という印象。
↑ よく分からない 表現(笑


Mr.SのMVは、デュラスの世界観を 思わせるよう。

フランス辺りの 強い陽射しが イメージに浮かび、色味や
そこはかとない 哀愁も感じられて、その大人っぽさが 素敵。


そして、LIVEのOPでは

帽子を被り、マントを羽織った Mr.S?の5人が、振り向く時
その表情が また、それぞれに違っていて、興味深い。

ここでも、やはり 草彅さんは その役?に、一番 入っている
ような表情に 見えるのは、私だけだろうか。

あの振り向き様の、空気が すうっと冷えるような 眼差しに
素のご本人が 消えているようで、何とも いいのである!


でも、明るい曲とか、楽しげな曲では、屈託のない笑顔で
少年のような表情にも 見える。色んな顔 もっているなー。

$10とか ダイナマイトの、ダンスの カッコイイゾーンでは
引き締まった表情で、それが またカッコよくて。


というか、もう カッコイイしか言ってないじゃんさ(;゚Д゚)


役ではないけれども、曲ごとに 表情が変わる人だと 思った。
この曲は、この表情なんだな とか、観ていて 発見がある。


どうでもいいけど、くすっと なるのは

君色想い 』の時、舞台下から 出てくるのだが、何か
食べているよね? 口 もごもごしている(笑。

エネルギー補給?

あの曲、振り付けが 何か若々しく感じるな。そりゃそうか
皆さんが、少年~大人になる途中辺りの 曲だったはず。




今 もう本当に、ファンになってしまったのだろうな…

記して、想いの記憶として 残るのなら、いいんじゃないの?

位に 思っていないと、『 傷心 』の歌詞のようになりそうで
わりと モヤモヤしている (´Д`) はは


取ってつけたように、B'zの話題。

いなばさーん。お元気ですか? LIVE順調ですか?

" 燃え上がるのが怖い 灰になるのが怖い "


そう。

想いが、がぁーっと上がって、色々 チェックしたりして
さーっと下がる時期が、絶対にくる。

それって、ツライもので。だって そのうち、無関心になる
時期が 予め分かっているなんて、虚しいじゃないかぁ[バッド(下向き矢印)]

無関心まで ならなくても、以前のような ざっくりとした
好感くらいが、バランス的には 丁度いいんだい。


んでも

そこへ向かう、手前の状態の時だからこそ、こうして書ける
というのもあって、皮肉だねぇ~ 。(善人さん 風に)


昔からのファンの方々のように、私がこれから 長くファンで
いられるとは 限らないので ← どうしてさ?

(一時の、謎の お熱ってことも、あるのかと…)
ブレーキかけられるとこは、かけるべきでさ(笑

「なんだそれっ」て、今、書きながら 思うけど(´ー`)



ファンの方々のブログを、見て回っていると、色々な発見が
あったりする。そして、凄い人気があるのが 分かる。

そりゃそうだろう、ファンブログなのだからっ

ファンの方の、「剛君」という呼び名が、何か 可愛らしい
でも、もう、つよし君って 雰囲気でもないですよね(笑。

いなばさん、みたいに 呼び名として、セットなのだろう。


ユースケさんの、「つよし」って言い方は、何か 面白くて
ゴローさんの言う、つよし は、 響きが 優しくて、すき。

何の話し しているのだ?

年上の方からしたら、ずっと、君 のイメージなのかも。
私も、今でも「オスメント君」って呼んでいるから。

って、あの子 元気かい?


そんなことより、某動画での 欽ちゃんの「つよちゃん」
という 言い方が、一番 笑ったな。 当時13歳だそうで



それは さておき


ずーっと、こういう人気に支えられてきた方なんだな とか

自分が検索しなければ、巡り合うことも なかったであろう
ブログの数々で、そういうのを知る。

SMAPメンバーの方、(当然なのに)それぞれに 多くの
ファンの方がいて…

だから 解散騒動の時には、報道も過熱していたのだろうな
と 改めて 思った。(私も けっこう哀しかったです)

あれだけ、お客さんが 入るのだもの、LIVE映像 みてれば
その人気が分かる。



話しは戻るが


DaDaDaDa の、ソロダンスパートの あの笑顔

やっぱり 癒される。










共通テーマ:日記・雑感