So-net無料ブログ作成

ネクタイの柄。 [雑感 / smap]



ゴロデラ

(先週の放送)

又吉さんの 新作『 劇場 』の回でした。


ゴロさんのネクタイの柄が、フランス国旗の配色だと
ファンの方 よく気づかれますね!カンヌ関係?


NHKで放送されていた、ドラマ版『 火花 』を
録画して まとめて観た。

映画版も公開されるようで… すごいですね~

原作の雰囲気からすると、ドラマのほうの配役が
すごく合っていると 私は思った。

林遣都さんと、波岡一喜さんの お2人が、とても
巧い方達なので、だから観てみようとなって。

(流石に、映画版までは観ないだろうけど、一応
原作を読んだので、ドラマを観たのでした)


で、2作目となる 劇場。

どちらがという訳ではなく

火花と劇場は、A面とB面のような 繋がりがある
というので 興味がないこともないが、ま いいか。

それより

ゴローさんが、ああいう仕草(壁に 背をあずけて
足を伸ばして 指先をパタパタする)をするような
女性が、好きなのかーと

意外性もあってか、微笑ましかった(笑。

いつだったか、エスっけの強い人が お好きらしい
ような話しをしていたから

いわゆる 可愛らしい仕草?には、あまり興味ない
かと、勝手に思っていたよ。


んなことたぁ どうでもいいΣ(・ω・ノ)ノ 
ってこの話し ふったの、あんたじゃないか~ と言われそう

1つ前の放送の 『 応仁の乱 』の回を観ていて
設定など、いつの時代とか 何でもいいから

大河ドラマとかで、メンバー同士が がっつり共演
しているところを 観たい。がっつりとです

解散して、今までと違った事ができる という点に
関していえば、そういう事だけですよね、一番の
楽しみって。

もう、それしかないと思っている…


草彅さんと木村さんとか、草彅さんと ゴローさん
とかの、その組み合わせがいいな。

木村さんとは、追い詰める側と、逃げる側のような
スリリングな 展開やら

睨み合うように 対峙する、緊迫したそんなシーンを
観てみたいけど…たぶん、永遠にないだろうね( ノД`)

中居さんとは、『 私は貝になりたい 』で共演して
いて、刑務所での 2人の後ろ姿が、印象的だった。

「ああ これがSMAPの背中か…」と 勝手に、私は
感慨深い気持ちで、そのシーンを観ていた。


(ゴロさんとは、以下 ↓のドラマで 少しだけ共演
していたが、新鮮だった!)


数日前に

ゴローさんが 08年に出演したドラマ

佐々木夫妻の仁義なき戦い 』を ンタルして
3話目まで観た。

昨夜 ゴロデラを観ていて、その頃より(30代前半
あたり?)今のお姿の方が 若々しく見えるもので

ふしぎな方だなーと思った(´∀`)


これは主観だが、グループがなくなってから

(解散となって すっきりしてそうとか、そういう
意味では 全くないですよ[あせあせ(飛び散る汗)]

何だか、お顔が 晴々しているように 感じるのだが
今は どういう心境なのだろうか。

何かが 既に吹っ切れたというのか、そういう印象を
受けないことも、ない。

去年1月の、(強制的!)謎の謝罪会見の時も

ゴローさんだけ 表情が冷静過ぎて、どんな事想って
いるのかが見えづらくて、逆に凄いな と思ったのを
覚えている。

きっと元々 ポーカーフェイスの方なのでしょうか。

この番組に出演される時の、最近の姿は

お髭と眼鏡が 似合っていて、スマさん時代よりも
若きジェントルマン的な 雰囲気があり、素敵っす。


そうでした、ドラマ 佐々木夫妻の~について

" 佐々木法典さん " という人物を 演じているのだが
(当書き? か どうかは知らないが)はまり役 だと
思った。

ご本人は、そこまで神経質でもないでしょうが
(公式サイトの 人物像紹介に、書いてあったので)

きちんとしてそうな イメージもあれば、イラチな
ところもあったりして(笑

何というのか その醸し出す空気が、法典さんと
通じるというかのかな。観ていて 面白いです。

何だかんだいって、法典さんは優しい方だし。

ゴローさんて、怒鳴ったり、大声出したりしても
声質が やわらかいからか

聴いていて「うるさい…」と ならないのがイイ。

喧嘩ばかりしているドラマなので[ダッシュ(走り出すさま)](笑。

そういうドラマって、場合によっては 観ていて
疲れるのもあるので その点は、よかった。


最終回、どうなるのだろ。


{ 追記 }

ドラマの前半は面白かったのだが、後半の脚本の
展開が、何か 強引というか…
少し破綻してやしないか?と 思いつつ 観ていた。

ゴロさん演じる "のりさん"、そんなに責められる
ような人物だろうか?

細かいところはあっても、奥さんへの愛情を
感じたので、律子さんの 我がままも どうよ?と
思ってしまった。

で、最後まできて思ったのは

法律を絡め 周りを巻き込んだ、壮大な(日常的な
事柄にも、法律の用語が 多く散りばめられるので)
痴話喧嘩を

延々と 見せられていたのか…(*_*; という感想。

律子さんの、愛して欲しい願望も結構スゴイな と。
さっぱりしてそうなのに、めんどくせぇなぁ(笑。って

とはいえ とりあえず、ゴロさんの演技が観られた
のは よかった。

真面目さの中にも、コミカルさがある役柄で

こういう役も 巧いですね!





.

共通テーマ:日記・雑感