So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

" 見たいのは本当のyou " [diary]




一つ前の頁で




" 次の頁では、他メンバーの事も 少し書いてみたい
気もするが、情報が乏しいので…
LIVE映像の印象からしか、書けないのですけどね。"

と 書いたのに…

井ノ原さんが出演されている、2012年のドラマ
早海さんと呼ばれる日 』を借りて、一気に鑑賞した
ので そのドラマの感想を、結局、今書いている゚д゚;

当時、普通に観ていたから、これで二度目となるのだが
最終回後の SP版は、今回 初めて観られたので良かった。

普通の家族の話し(といっても、普通って、何?だが)

いのっちさん演じる、早海恭一さん(早海家・長男)は
真面目で、家族想いのお兄さん。

いのっちの、世間一般の、パブリックイメージのまんま
のような お兄さん役であったが… 後半のほうの 回では
笑顔の裏の 苦悩みたいなのを、垣間見られる場面があり

ドラマとはいえ、何だか、観てはいけない面を、ふと
観てしまったような…触れてはいけないような 繊細な
場面のように思える、そういう感覚に陥った。

いつも にこにこの笑顔でいるから、逆に、その奥の方は
誰にも覗けないような、そんなイメージ。

そんな事は、まあ結局どうでもよくて…

(私生活と実像と、イメージや想像、理想なんてものには
解離があるもんだろうし)

日常的なシーンの中で、普通の格好をして(スーツや
部屋着、パジャマとか)日常的な食事をとっている
そんな場面を 観られる事が、ただ、私は楽しかった´∀`

男性は、女性の(いわゆる)コスプレがお好き?なように
(↑ いや 全員ではないでしょうが)女の人も、色々な
服装によって、きゃぁ!素敵っ!なんつって 盛り上がる
ものなんですよね。

パジャマ姿、何か 可愛かったな~´艸`
スーツ姿 やっぱり似合っているなー、なんつってね。

台詞を言っている時の声が

やや低くて、ややザラっとしているような 印象があって
(家族に 注意したりする時の)怒鳴ったり、がなったり
する時に 大きな声を出すのが、意外と辛そうに聴こえて
それは、ちょっと新鮮であった。

LIVEでは、なめらかに 高い声も出して歌っているからか
もっと声が通るというか、出るものだと 想像していたが
演じている時とは、また 少し違うのでしょうかね。

余談だが、泣くシーン、涙でている?

笑い方が 印象的な方で、頭の中にすぐ出てくるのですよ
「ハハぁッ、ハハぁッ」て、それを 弟に真似してみてと
頼んだら、私が思ったとおりの ものまねで、笑えました。


少し酔っているせいか、適当に、ぱちぱちと文字入力を
している気も しないでもないが…もう何だか訳分からん。

普段 ほとんど観ない、『 アド街ック天国 』を録画して
「いのっち~!」なんて言って、喜んでいる自分は
一体、誰?で 何?はぁ?(笑

ファンになるって何?

じゃあ、以前ファンになった方への想いって、今 何処?
こんなに きれいに、切り替わるもんなのだろうか(笑?

ファン熱を 煮詰めたら、その果てに残るのは、で何?

想いってのは、一体 何処からやってくるのでしょう~
てな事を、考えるよねぇ~ ← そんな事 どうでもいいけどさ。

何か、慌ただしくファンになってしまって、疲れちったよー。

net newsで見たが、『本当にあった怖い話し
今年も、吾郎さんが続投だそうで、嬉しかったですよ。

去年の放送後は、来年には いないかもしれない…と
想像して、本当に そりゃ哀しかったものです…。

お化けよりも 幽霊よりも 怪奇現象よりも、吾郎さんが
番組ナビゲーターとして、忽然と姿を消す(消される)
業界ルールのほうが、一番 怖い[がく~(落胆した顔)]!!から。

放送は、来月ですね~ 怖いのに たのしみ。


今日の題は V6『 SPARK 』より








共通テーマ:日記・雑感